育児の重要ファクターは乳児と取り扱うことが今後の展開のモチベーションとなるだろう

 元、塾の教師を始めたところ、気がついたのですが、お子さんの学力などは塾や学園で生じるのではなく、塾に訪れる以前に差がついていることです。実際、科目をしていますと、しっかりと前方を向いて科目を聞いている塾生はまず一番点数が良し者だ。以外方、きょろきょろしたり、うつろな視線で前方を向いているだけの塾生場合は一番学力が落ちている。こういう間を色々と考えて見ますと、学力の乏しい塾生場合の両親ほどお子さんに向き合っていないことが多くのイベントで明らかなのです。例えば、進学校そのの場合でも私立のの場合学園に進学を希望している塾生場合を父兄と一緒に顔合わせしますと、塾生に質問しているのに、塾生より短く両親の方が答える場合があるのです。塾生に対するヒアリングか、両親に対するヒアリングかの仕分すら欠ける人間もいらっしゃる。
 当時、とあるレクチャーでアンケートをした結果、学力の悪い塾生場合の一家は乳幼児がちっちゃいところ、TVに子守をさせていたことが明らかになりました。すでに幼稚園に混じる以前から、両親がお子さんに向き合っていないのです。これではお子さんの集中力を育て上げることはできません。集中能力が育たないということは、遊ぶ場合も勉強する場合も、情熱の場合することができないのです。そういう精神中毒が形成されると、お子さん場合は小学生、の場合学園、高校生と上にすすむにつれて辛さ行なう。の場合には、そういったの場合でも、自分の落ち度を見つめ努力する人間もいますが、努力することを放棄する人間も多いのです。
 言うまでもありませんが、英語や数学といった分野の育成も大切ですが、ベスト大切なことは努力することだ。そしてこういう習慣を身につけさせることが習得の目標なのです。しかし、ちっちゃいところに実質と扱う中毒を身に着けないで育った人間にとって、それは難行のはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です